東京都(西荻窪・吉祥寺の音楽スタジオにて)* オンラインレッスンも開講中です‐ 和声学レッスンBlog‐ 和声学・作曲・音楽理論・楽典・楽曲分析・ソルフェージュレッスン

menu

赤坂樹里亜 Le monde brillant〈大人のリベラル・アーツ音楽サロンBlog〉 和声学レッスン 東京都(西荻窪・吉祥寺の音楽スタジオにて)

CATEGORYLes recherches du Catholique -カトリック研究-

赤坂樹里亜 Le monde brillant バナー

【フランス旅行第6日目 1月8日 其の三 Messiaenの軌跡を追ってとうとう聖トリニテ教会に約10年ぶりに再訪問】

 この日を待ちわびました。 そう、Messiaenが約60年間オルガニストして従事した聖トリニテ教会の再訪問です。  実は、ツアー客と共にオペラ座に向かう最中、バスの中で添乗員さんが言ったのです。 「この教会もよく工事をしていますが、最近…

赤坂樹里亜 Le monde brillant バナー

【フランス旅行第6日目 1月8日 其の一 ノートルダム寺院】

 6日目の午前は、ノートルダム寺院へ。 混んでいそうなら、外観だけと言われておりましたが、 朝一番ということもあり、幸いにも内観をゆっくりと観る事が出来ました。 カトリック信徒には、心洗われる場所でした。 Julia.T.A le 12 …

赤坂樹里亜 Le monde brillant バナー

【フランス旅行第3日目 モン・サン・ミッシェル】

 渡仏後、小雨が降ったりやんだりの天気でしたが、トゥールから モン・サン・ミッシェルへの道中、みるみる雲は切れ始め、 太陽は姿を現し始め、最終的に目的地到着時には、見事な青空が顔をのぞかせてくれました。 大天使ミカエルさま♡に、…

赤坂樹里亜 Le monde brillant バナー

【フランス旅行第2日目 其の一 シャルトル大聖堂】

 パリからシャルル大聖堂にやってきました。 ここはカテドラル(司教座)ですので、大きくて荘厳です。 こんな教会に毎週通ってみたいですワ♪♪(*^^*)  勿論、私たちの聖イグナチオ教会も、イイとこ♡ですけれども。(*^^*) …

赤坂樹里亜 Le monde brillant バナー

【2017年12月23日リーゼンフーバー神父様による「クリスマス御ミサ」  至 上智大学内クルトゥルハイム聖堂】

  昨日12月23日は、朝からの体調不良を押し切って、一年に一度のリーゼンフーバー神父様司式による「クリスマス御ミサ」に与る事ができました。 私も風邪による体調不良ですが、神父様もお顔の色が優れません。 「入門式」、「洗礼志願式」、「洗礼式…

赤坂樹里亜 Le monde brillant バナー

【メシアン作曲《アッシジの聖フランチェスコ》 (1975-83) - メシアン自身作によるテクスト部分の在る個所の解明】

 一時期、体調不良にて全講座を半年完全休業されていたリーゼンフーバー師も、2017年3月の「復活祭」を機に、御復帰なさって、私は有り難く毎土曜日に行われる「土曜アカデミー(哲学史)」に通っています。 そこで、12月9日には「アッシジのフラン…

赤坂樹里亜 Le monde brillant バナー

【O.Messiaen《La nativite du seigneur -Neuf meditations pour orgue-》(1935) O.メシアン《キリストの降誕 -オルガンの為の9つの瞑想-》】

 個人的にはカトリック教会での「入門式」が終わり、そろそろ御ミサや 「聖書に関しての初学者講座」のみならず、教会で行われている「黙想会」 にも並行して参加してみようかと考えた矢先、或る事柄に改めて気付かされ ました。  メシアン作品には…

赤坂樹里亜 Le monde brillant バナー
赤坂樹里亜 Le monde brillant バナー

【《Les offrandes oubliees -忘れられた捧げもの- Meditations symphonique pour orchestre -オーケストラの為の交響的瞑想-》 (1930) 】

 オリヴィエ・メシアンの名が世に認知されるきっかけとなった作品は、 この《忘れられた捧げもの》(1930)ではないでしょうか。 (メシアン22歳の初期作品です。) わたくしは初めてこの作品と対峙した時、カトリック文化を全く存じ上げず、 こ…

赤坂樹里亜 Le monde brillant バナー

【O.Messiaen《Livre du Saint Sacrement -聖体秘跡の書-》(1984) pour Orgue No.16 priere apres la commuion -聖体拝領後の祈り-】

 オリヴィエ・メシアン76歳の晩年の作品に、この《聖体秘跡の書》(1984)が在ります。 全18曲の組曲的作品には、大まかに言いますと、「ミサの一連の行為」と、 聖書の逸話、また、ここでも「(神の)現存」などが集約されている作品集です。…

さらに記事を表示する

過去記事

PAGE TOP