東京都(西荻窪・吉祥寺の音楽スタジオにて)* オンラインレッスンも開講中です‐ 和声学レッスンBlog‐ 和声学・作曲・音楽理論・楽典・楽曲分析・ソルフェージュレッスン

menu

赤坂樹里亜 Le monde brillant〈大人のリベラル・アーツ音楽サロンBlog〉 和声学レッスン 東京都(西荻窪・吉祥寺の音楽スタジオにて)

CATEGORYLes modes prives-プライヴェート・モード-

赤坂樹里亜 Le monde brillant バナー

【中欧旅行5日目2016年12月30日 其の2 ウィーン ベルベデーレ宮殿】

   続いて、ベルベデーレ宮殿の訪問です。 ハプスブルク家のマリア・テレジアが売却した 宮殿との事ですが、現在はハプスブルク家の 調度品をそのまま展示した美術館的な建築物の様です。 こちらは、唯一ひと部屋のみフラッシュオフでの 撮影が許可さ…

赤坂樹里亜 Le monde brillant バナー

【中欧旅行5日目2016年12月30日 其の1 ウィーン 世界遺産シェーンブルン宮殿】

 もうじきハンガリーで年明けを迎えます。 その前に、「昨日の宿題」をやっておかないと。(^^;; ウィーン滞在記、先ずはシェーンブルン宮殿です。 こちらは撮影禁止で、外観のみの写真になります。 オーストリアとフランスの関係が、ナポレオンや…

赤坂樹里亜 Le monde brillant バナー

【中欧旅行4日目2016年12月29日 其の1 チェコ チェスキークルムロフ】

     前日のプラハは、あいにくの雨。 ですが、まだ雨で済んで良かった部類のようで、ホテルを出て少し走れば、もう一面雪景色でした。 なんとヨーロッパらしい光景なのでしょうね。 寒かったですけれども、綺麗で得も言われぬ美しさです。  美し…

赤坂樹里亜 Le monde brillant バナー

【中欧旅行第1日目2016年12月26日 其の2 ベルリン到着】

   自宅を発ち、何と24時間掛かり!でベルリンのホテルに到着しました。 日本時間の体内時計では、既に明け方の4h30を回りましたが、 ドイツ時間では8時間遅れのため、前日26日の夜20h台です。 8時間伸びた(笑)一日を調整すべく、少し横…

赤坂樹里亜 Le monde brillant バナー

【2016年誕生日の御礼】

          この度、10月23日の誕生日の折には、本年も友人知人の皆様方から メッセージを頂き、誠に有難うございました。 今年は個人的には節目を迎える年でもあり、新たな風の流れを敏感に受け止め、 気流に乗れる様、努めたいと存じます。…

赤坂樹里亜 Le monde brillant バナー

【リヒャルト・シュトラウス(独:1864-1949)ドイツ・リートと「M.T.L旋法」との一考察の試み】

 O.Messiaenは、「移調の限られた旋法第2旋法」(以下、「M.T.L第2旋法と略記」)に ついて、自身の著作『わが音楽語法』(1944年)の中で、以下のように語っています。 “我々は既にその軌跡をリムスキー・コルサコフの《サドコ》…

赤坂樹里亜 Le monde brillant バナー

【「奈良ゆみ メシアンと松平を語る」レクチャーコンサート及び公開レッスン】

 【2015年12月17日(木)東京芸大6ホールにて。】  「プライヴェート・モード」にて綴ります。 Julia.A Le 18 dec. 2015 12h12 …

赤坂樹里亜 Le monde brillant バナー

【O.Messiaen《L’Ascension(昇天) 》(1932-33)における『ヨハネ福音書』の御言葉の引用について】

 神学講座にて、聖書の教えを学ぶようになり、 9月初頭で4ヵ月が経過した事になります。 そこで今まで余り気に留めずに通り過ぎていたメシアン作品中の機微が、 少々目に留まる様になりつつあるように感じられます。  その一つが《L’Ascen…

赤坂樹里亜 Le monde brillant バナー

【5月5日 日本の祝日「こどもの日」に想う事 -メシアンの父性について-】

 日本独自の祝日の「こどもの日」に、或る事に想いを馳せています。 それはオリヴィエ・メシアンと一人息子パスカルの事です。  メシアンの生涯(1908-1992)は、決して穏やかなものではなかったでしょう。 青年時代に母を亡くしたメシアンの…

赤坂樹里亜 Le monde brillant バナー

【《Chant de terre et de ciel -大地と空の歌-》(1938) No.6 Resurrection -蘇り- (pour le jour de Paques -復活祭の日の為に-)】

 遅ればせながら、イースターおめでとうございます。 「復活祭」と言えば、メシアン作品の中ではまさしくこれでしょう。 《大地と空の歌》(1938)。Sop.独唱とPf.伴奏による連作歌曲は、 メシアンには3作品あり、この作品は真ん中の2作品…

さらに記事を表示する

過去記事

PAGE TOP