東京都(西荻窪・吉祥寺の音楽スタジオにて)* オンラインレッスンも開講中です‐ 和声学レッスンBlog‐ 和声学・作曲・音楽理論・楽典・楽曲分析・ソルフェージュレッスン

menu

赤坂樹里亜 Le monde brillant〈大人のリベラル・アーツ音楽サロンBlog〉 和声学レッスン 東京都(西荻窪・吉祥寺の音楽スタジオにて)

CATEGORYLe francais-フランス語-

【「オペラの台本で読むフランス語」講座の試験的スタート】

 教室の既存会員様限定クラスとして、「オペラの台本で読むフランス語」講座の試験的運用を 本日より開始します。  オペラの台本を通して、仏語の初級文法や仏文講読を、音楽と関連付けて解説してゆく予定です。 1er octobre 2021…

赤坂樹里亜 Le monde brillant バナー

【中世仏文学『薔薇物語』(ギヨーム・ド・ロリス&ジャン・ド・マン著)邦訳書の比較小研究】

 今日は晴れて定休日であるため、思い切り調べ物をしようとしていたところ、予定では今度の日曜に届く筈だった注文中の本が、丁度休みの今日に届きました。 中世仏文学の『薔薇物語』の邦訳です。  元々持っていた物は、右の側の赤い感じの表紙の本で…

赤坂樹里亜 Le monde brillant バナー

【《O.Messiaen :Trois petites liturgies de la presence divine, No.2 Sequence du Verbe, Cantique Divin –Dieu present en lui-meme…》 (1943-1944) に於ける「作曲者自身による仏文テクスト」の和訳、概ね終了】

 気管支炎の病み上がりの今日、今更ながら 第二番のテクスト訳をWordに書き出し、清書してみました。 (これまで、No.2については清書を怠っておりました...。) 赤坂樹里亜 Le 26 dec. 2013 14h37 …

赤坂樹里亜 Le monde brillant バナー

《O.Messiaen :Trois petites liturgies de la presence divine, No.1 Antienne de la conversation interieure》 (1943-1944) に於ける「作曲者自身による仏文テクスト」の和訳、概ね終了

  【O.Messiaenによる下記の仏文テクストの和訳、概ね終了 Ⅰ. Antienne de la conversation interieure –Dieu present en nous…  -内面の対話の先唱句- 我々…

赤坂樹里亜 Le monde brillant バナー

【Les textes de 《Harawi》 (1945) ecrit par Olivier Messiaen全12曲邦訳を経て -《Trois petites liturgies…》(1943-44)テクスト研究への収穫-】

 去る8月15日から17日までの三日間で、この《Harawi》全12曲の 翻訳を終えました。(* 申し訳ありませんが、訳文はこちらには掲載致しません。) テクストの内容は、間違いなく日に日に容態の傾く精神の病を持つ 先妻クレール・デルボス…

赤坂樹里亜 Le monde brillant バナー

【O.Messiaen《Harawi》 (1945) Chant d’Amour et de Mort pour chant et piano 邦訳開始】

 昨日(2013/8/15)から、Messiaen自身のテクスト創作による 「連作歌曲三部作」の最終曲である《Harawi》(1945)の翻訳をしております。 初回の《Poeme pour mi》(1936)とテクスト内容を比較しますと、…

赤坂樹里亜 Le monde brillant バナー

【O.Messiaen: 『Poemes pour mi』 (1936) 作曲者自身による全9曲のテクスト翻訳を終えた雑感 (2)】

 この全9曲から成るテクストの、順を追って視てゆきますと、 メシアン氏の「心の機微」の様なものが視えてきました。  第一冊「No1. 神への感謝」・「No.2 風景」は、穏やか且つ抒情的・ 詩的表現が、「現在形の動詞で」書かれているのに…

赤坂樹里亜 Le monde brillant バナー

【O.Messiaen: 『Poemes pour mi』 (1936) 作曲者自身による全9曲のテクスト翻訳を終えた雑感 (1)】

 『ミの為の詩』全9曲の邦訳に、3日間のめり込んでおりました。 1936年(28歳)といいましたら、結婚4年目にして 「Jeune France(若きフランス)」を結成した年でもあり、 勢いに乗っていた時期だと、今までは個人的に考えており…

赤坂樹里亜 Le monde brillant バナー

仏日翻訳研究会-バイオグラフィーの背景を半日かけて検討-

 メシアン・バイオグラフィーの翻訳に関して、 仏語の我が師M.Jordensと共に、大変有意義な検討会を重ねています。 仏⇔日翻訳のプロフェッショナルである 《言葉の専門家》M.Jordensと 微細ながら音楽理論研究及びメシアン研究を旨…

赤坂樹里亜 Le monde brillant バナー

翻訳の日々

 朝は6時に起き、9時から翻訳を始め、 気付くと17時になります。 その間、12時には昼食を摂り、 15時には休憩に生姜紅茶を入れたりもしますが、 集中していると、ふと気付いた時には 通しで17時の夕暮れ時だったりします。  9時から1…

さらに記事を表示する

過去記事

PAGE TOP