東京都(西荻窪・吉祥寺の音楽スタジオにて)* オンラインレッスンも開講中です‐ 和声学レッスンBlog‐ 和声学・作曲・音楽理論・楽典・楽曲分析・ソルフェージュレッスン

menu

赤坂樹里亜 Le monde brillant〈大人のリベラル・アーツ音楽サロンBlog〉 和声学レッスン 東京都(西荻窪・吉祥寺の音楽スタジオにて)

赤坂樹里亜 Le monde brillant バナー

2019_6_12_2

(2012年6月12日執筆記事の再掲)
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 *「チェンバー・オルガン」の展示です。
パイプ装置を上部の箱の中に内包し、電気仕掛けの送風装置(写真左の小箱)により風を送る仕掛けのようです。
ストップの切り替えにより、様々な音色を出せる事はパイプオルガンと構造上同じですが、やはりパイプの本数は少なく、
「小型の室内用オルガン」といった印象です。
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
2019_6_12_1

(2012年6月12日執筆記事の再掲)
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 今年は、Messiaenのオルガン作品を視てゆく計画を立てており、「オルガンという楽器の構造」の勉強も、昨今の目標の一つです。
 先日は楽器博物館にて、「チェンバー・オルガン」を見聞してきました。
「パイプオルガン」が壁に備え付けであるのに対し、
「Chamber」という語から、各々の室内に置かれた楽器である事が想像できます。
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 上記は2012年6月12日、つまり丸7年前の記事の再掲です。
2012年は、《栄光の御体》(1939年)の概要研究を行っていました。

この時は、未だカトリック的なコンテクストが全く解らず、或る地方にあるカトリック教会に実施見聞しに行きましたが、らちが明かず…。
 2015年に東京に戻ってきてから、四ツ谷の聖イグナチオ教会内のリーゼンフーバー神父様の講座にて神学・哲学の基礎を習い、上記作品の概要把握には、大きな助けとなりました。
 お身体を壊されているリーゼンフーバー神父の御快気を、今日もお祈りしております。

Julia.T.A
le 12 juin 2019 19h31

関連記事

The button that “Like !” this Blog

赤坂樹里亜 Le monde brillant 音楽研究Blog & レッスンBlog

赤坂樹里亜Le monde brillant 〈ル・モンド・ブリヤン〉 Blog

 – 大人の為のLiberal Arts 音楽アカデミー –
和声・作曲 ・楽曲分析・ソルフェージュ
東京都(西荻窪・吉祥寺)
東京都内の音楽スタジオへの出張レッスンも可能です

【零- zéro- からのエクリチュール-
L’écriture à partir de zéro -】

和声学(島岡先生流派)・クラシック作曲,アナリーゼ(楽曲分析),ソルフェージュ(読譜・筆記法)

My Facebook Page

LATEST ENTRIES OF THIS BLOG

2021年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

過去記事

カテゴリー

SNS & E-mail

cropped-petrof.jpg
PAGE TOP