【L’Ascention -キリストの昇天- (1932) Version pour orchestre Quatre meditations symphoniques pour orchestre -オーケストラの為の4つの交響曲的瞑想-】

《L’Ascention –キリストの昇天- (1932) Version pour orchestre
Quatre meditations symphoniques pour orchestre
-オーケストラの為の4つの交響曲的瞑想-》
Ⅰ  Majeste du Christ demandant sa gloire a son Pere
   -自らの栄光を父なる神に求めるキリストの威厳-
Ⅱ  Alleluias sereins d’une ame qui desire le ciel
   -天国を希求する魂の清らかなアレルヤ-
Ⅲ  Alleluia sur la trompette, Alleluia sur la cymbal
   -トランペットによるアレルヤ、シンバルによるアレルヤ
Ⅳ  Priere du Christ montant vers son Pere
   -父のみもとへ昇天するキリストの祈り-

(邦訳:わたくしだわ~~♪♪)

 復活祭(イースター)も過ぎ、2014年6月1日(日)はカトリック歴では
「主の昇天」との事。
そこで真っ先に頭に浮かぶのは、勿論メシアンの上記作品です。
この作品は、翌年にはオルガン曲として編曲されていますが、ただし
第3番だけは「トランペットとシンバル」の為の作品である事から、
オルガン仕様に編曲する事はせず、全く別の作品を新たに書いて、
オルガンの技巧曲を挿入したようです。

 去る6月1日(日)の「主の昇天」を想いながら、改めてオケ版とオルガン版を
じっくりと聴いてみる週としたいと思います。

赤坂樹里亜
3e juin 2014 13h14

追伸:オルガン版は、以下の動画です。

関連記事

音楽乱読書Blog

音楽乱読書Blogを執筆して参ります。

カレンダー

2022年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別アーカイブ

TOP
PAGE TOP