東京都(西荻窪・吉祥寺の音楽スタジオにて)* オンラインレッスンも開講中です‐ 和声学レッスンBlog‐ 和声学・作曲・音楽理論・楽典・楽曲分析・ソルフェージュレッスン

menu

赤坂樹里亜 Le monde brillant〈大人のリベラル・アーツ音楽サロンBlog〉 和声学レッスン 東京都(西荻窪・吉祥寺の音楽スタジオにて)

【オリヴィエ・メシアン:二つのキリスト教音楽に於ける比較考察】

赤坂樹里亜 Le monde brillant バナー

2013_5_20
 【オリヴィエ・メシアン:二つのキリスト教音楽に於ける比較考察
 『Trois petites liturgies de la presence divine -神の顕在の三つの小典礼-』(1943-1944)
  及び『La transfiguration de notre seigneur Jesus-Christ
 -我が主イエス・キリストの変容-』(1965-1969) (57ans-61sans) par O.Messiaen】

 『三つの小典礼』を追っている毎日ですが、ここ数日少々風邪で調子が今一つです。
そういう時に心を鎮静化させるのに最も聴きたくなる作品は、
この『我が主イエス・キリストの変容』です。
(全14曲〈1er Septieme7曲×2eme Septtieme 7曲〉、演奏時間およそ100分
混声合唱と7人の楽器ソリスト、大オーケストラによる)

 『三つの小典礼は』大変ポジティブに「神の顕在」を高らかに詠い上げる作品であり、
「惑星規模のマクロな視点」から「昆虫規模のミクロな視点」まで、
様々な生き物の「時間」と「存在論」が作曲者自身による創作テクストにて語られています。
一方のこの『我が主イエス・キリストの変容』のテクスト部分は、
メシアン本人の手記に寄りますと、以下のような記述があります。
「注意深く作曲者[註:メシアン]によって選ばれた、瞑想の基盤として
奉仕するラテン語テクストのモザイク」

即ち前者(『三つの小典礼』)は「神を賛美する」作品であり、
後者(『イエス・キリストの変容』)は「神について深く瞑想する作品」だと
思われます。

 次に音楽的特徴を挙げます。
前者(『三つの小典礼』)は、「M.T.L旋法」や「オンド・マルトノ」の使用が
大変メシアン的であるという事、
後者(『キリストの変容』)は、「アジア的打楽器群」が充実しており、
鳥たちのさえずり(複数の)の描写もオケに散見られる事でしょう。
こうした点は、更に後期のオペラ『Saint francois d’assise -アッシジの聖フランチェスコ-』
(1975-1983)(67ans-75ans)の、先駆け的なオーケストレーションのようにも思えます。

 また、両者の共通点は、共にテクストを作者自ら創作しているという点でしょう。
両作品とも『聖書』からの引用、またトマス・アクィナスによる『神学大全』からの
引用もある事から、
メシアンはこうした神学を深く修め、それを咀嚼して楽曲創作と一体化していった事が
読み取れるかと思います。

 『三つの小典礼』の仏語テクストは、わたくしは概ね下訳を作りましたが、
『キリストの変容』の方は、テクストがラテン語という事で、
未だ大意を掴むところまでには至っておりません。
今は『三つの小典礼』にかかりっきりではありますが、将来的には、
是非この『キリストの変容』にも深く踏み込んで行きたく思っております。

赤坂樹里亜

関連記事

The button that “Like !” this Blog

赤坂樹里亜 Le monde brillant 音楽研究Blog & レッスンBlog

赤坂樹里亜Le monde brillant 〈ル・モンド・ブリヤン〉 Blog

 – 大人の為のLiberal Arts 音楽アカデミー –
和声・作曲 ・楽曲分析・ソルフェージュ
東京都(西荻窪・吉祥寺)
東京都内の音楽スタジオへの出張レッスンも可能です

【零- zéro- からのエクリチュール-
L’écriture à partir de zéro -】

和声学(島岡先生流派)・クラシック作曲,アナリーゼ(楽曲分析),ソルフェージュ(読譜・筆記法)

My Facebook Page

LATEST ENTRIES OF THIS BLOG

2021年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

過去記事

カテゴリー

SNS & E-mail

cropped-petrof.jpg
PAGE TOP