Chamber organ

organ_planche

 今年は、Messiaenのオルガン作品を視てゆく計画を立てており、
「オルガンという楽器の構造」の勉強も、 昨今の目標の一つです。
 先日は楽器博物館にて、「チェンバー・オルガン」を見聞してきました。
「パイプオルガン」が壁に備え付けであるのに対し、 「Chamber」という語から、
各々の室内に置かれた楽器である事が想像できます。

organ

 「チェンバー・オルガン」の展示です。
パイプ装置を上部の箱の中に内包し、電気仕掛けの送風装​置(写真左の小箱)に
より、風を送る仕掛けのようです。
ストップの切り替えにより、様々な音色を出せる事はパイ​プオルガンと
構造上同じですが、やはりパイプの本数は少なく、
「小型の室内用オルガン」といった印象です。

赤坂樹里亜

関連記事

音楽乱読書Blog

音楽乱読書Blogを執筆して参ります。

カレンダー

2022年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別アーカイブ

TOP
PAGE TOP