和声研究

2010_1_14

 昨日は半日で用事を済ませ、
午後からは自宅で和声研究に没頭しました。
気づいたら、夜の10時半。
楽しくて夢中になり、時間の経つのも忘れます。

 和声の教科書を読んでいると、
初学者だった中学生の頃が懐かしく思い出されます。
本当に教科書が面白くて、時間がたつのも忘れて勉強していました。
今でも、どうやらその性格は全く変わっていないようです。

 14歳の頃は、自分自身が初学者であり
新たな学問を修める事に驀進し、時が過ぎてゆき、
30代を過ぎた今は、生徒さんをお教えする為に
更に紐解いて解説できるよう、より深く教科書を
読み込み、様々に多様化した別解のパターンを出してゆく、
そうした作業に勤しんでいます。

 Offの木曜ですが、これから更に教科書を読み進めていく予定です。
こうした学問に携われる環境に身を置けるという事は、
私にとって本当に幸せなことです。

 更に、演奏の仕事(自作自演になるかも知れないですが。)も
近々入る予定で、これからその打ち合わせなどにも
入ってゆきます。
和声研究に没頭する余り、曲書きのプラリオリティーが
後回しになりつつあるので、こうした仕事を受けた機会に、
少し見直してみます。

 皆様も、良い一日をお過ごしください。

 Julia.A

関連記事

音楽乱読書Blog

音楽乱読書Blogを執筆して参ります。

カレンダー

2022年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別アーカイブ

TOP
PAGE TOP