【「作品アナリーゼ(楽曲分析)」クラスの課題紹介 上級編】

Rachmaninoff《Vocalise》

【「作品アナリーゼ(楽曲分析)」クラスの課題紹介 上級編】

 アナリーゼクラスでは、以下の様な作品分析を行っています。
こちらは上級者向けで、下記の観点からアナリーゼを行ってゆきます。

1. 楽曲の形式のアナリーゼ (先ずは、全体像の把握)
2. 和声進行のアナリーゼ (偶成和音による「ゆれ」の観測)
3. 素材の用いられ方のアナリーゼ (素材展開の把握)

 楽曲とは、実に様々な観点から成り立っています。
そうした「仕組み」を視てゆくと、自身の作曲や、演奏にとても役立ちます。

 貴方もこうした「発見の世界」への一歩を踏み出してみませんか?
初心者の方から、丁寧に解説致しますので、ご心配無用です。
愉しく「楽曲の仕組み」を学んでゆきましょう。

赤坂樹里亜
2017年2月20日 15h59

関連記事

音楽乱読書Blog

音楽乱読書Blogを執筆して参ります。

カレンダー

2022年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別アーカイブ

TOP
PAGE TOP